【お知らせ】4/28(金)20:00~4/30(日)11:59の間、メンテナンスのため、ラサーナ公式通販サイトをご利用いただけません。ご迷惑をおかけしますがご理解いただけますようお願い申し上げます。
  1. ホーム>
  2. ブルターニュビューティー紀行 vol.5

ブルターニュ ビューティー紀行Vol.4 モン・サン・ミッシェル修道院 1000年の歴史を誇る信仰の聖地、モン・サン・ミッシェル。ブルターニュが誇る世界遺産を訪ねて。

年間360万人が訪れる海に浮かぶ修道院。

 ブルターニュは、フランス北西部の海沿いに位置する地方で、その最西端にあるのが、“地の果て”と名付けられているフィニステール県です。ずいぶん遠い場所のようですが、パリのモンパルナス駅からブルターニュの玄関口にあたる首府・レンヌまでは、TGV(時速300kmの高速鉄道)に乗れば約2時間で到着します。
ブルターニュの地名は、イギリスをあらわすフランス語“グラン・ブルターニュ”に由来しています。これは、ブルターニュの人々(ブルトン)の先祖が、ケルト人という、イギリスから移住してきた民族だったことが関係しています。 名前の響きから、ワインの産地で有名なブルゴーニュと混同している人もいますが、まったく違う場所なのでご注意を。知っているつもりで意外と知られていないブルターニュの魅力をご紹介します。


 

世界屈指のスピードを誇る高速鉄道・TGV。乗り遅れないようスーツケースを持って走ったのも旅の思い出に。

 ブルターニュといえば、まず港町を思い浮かべる人も多いですが、海だけではなく、豊かな森も山もあり、メキシコ湾からの暖流が入り込むため気候は穏やか。夏は避暑地、冬は避寒地として、フランスの人気のリゾート地のひとつとなっています。私たちが訪れた9月は、秋の始まりを知らせる霧で街が覆われ、幻想的な姿を見せていました。
コート・ダジュールのような華やかさはないけれど、野趣あふれる自然や、のびのびとした素朴な雰囲気、ケルト人を祖先に持つ歴史から生まれたイギリス的な異国情緒が、海外やパリからの観光客の心をつかんで離さないブルターニュ。ゆったりと落ち着いた時間を過ごしに来たのかなぁ、と感じられるご年配の夫婦の姿をよく見かけました。


サン・マロの青い海。ブルターニュのリゾート地ではマリンスポーツも盛んで、サン・マロからスタートするヨットレースも4年に一度開催されています。

ブルターニュ各地でみられる旗の、槍の穂先のような図柄は、ブルターニュ公国の紋章で、白テンの黒いしっぽを描いたものです。

ラサーナ商品に配合されている海藻が採取されるブレア諸島は、フランス人が憧れるリゾート地として有名。

ブルターニュの各地で見られる巨石。紀元前3000~2000年の新石器時代からのものと推定され、誰がどこから運んできたのかはいまだに謎。

ブルターニュの海藻を後世に残すために。

 “地の果て”とも呼ばれる地理的な位置、フランスへの帰属が遅かったこと、ブルトンとしての誇り…これらの条件が、ブルターニュに、伝統、祭り、宗教、建築など、フランスの他の地方にはない独自の文化を育んできました。その一つひとつを何世紀にもわたり大切に守ってきたことが、現在のブルターニュの魅力を支えているように思われます。
多彩な魅力があるブルターニュですが、やはり一番の魅力は豊かな海の恵み。ブルターニュの海には、フランスで採取される海藻の99%にあたる約1000種類もの海藻が生息していると言われています。ラサーナでは、バリエーションに富んだそれらの海藻の効果を種類別に検証し、持つ力を存分に引き出した上で、商品に配合しています。その確かな品質、力強い働きが、ラサーナの商品づくりに生かされているのです。


一つひとつ海藻を入念にチェックし、その効果を種類別に検証。確かな品質が私たちの美を支えてくれます。

特集:ブルターニュ ビューティー紀行

お電話でのご注文

0120-02-1147

9:00~20:00(12/30~1/3休業)