1. ホーム>
  2. 美髪へ導く シャンプーの選び方

美髪へ導く シャンプーの選び方

健やかな髪は“シャンプー選び”で決まる! 美髪へ導く シャンプーの選び方

あなたはシャンプーを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?思い込みやカン違いで、自分に合わないシャンプーを選んでしまっていませんか?

毎日使うシャンプーは、美髪を目指すための基本中の基本。ツヤのある美しい髪は、シャンプー選びで決まると言っても過言ではありません。とは言っても、「たくさん種類がありすぎてどれを選べばいいかわからない!」なんてかたも多いのではないでしょうか?

今回は、そんなあなたの髪を健やかな美髪に導くための、正しいシャンプーの選び方をご紹介します。

タイプ別、シャンプーの特徴をご紹介

もっと美髪になりたいという女性たちの気持ちに応えて、色々なタイプのシャンプーが発売されていますが、シャンプーのタイプごとに合う髪質は異なります。
ブームやウワサに流されず、特徴を理解して自分の髪質に合ったシャンプーを選べるようになりましょう。

  • サロン品質で安定した人気の
    アミノ酸系シャンプー

    • ・ダメージをケアして洗いあがりはしっとり。

    • ・適度な洗浄力で汚れだけを落とし、潤いを残してくれる。

    • ・肌と同じ弱酸性で髪と頭皮にやさしい

  • 一気に市場拡大した
    ノンシリコン系シャンプー

    • ・ハリ、コシを与えてふんわりとボリュームアップ

    • ・ダメージヘアの人はキシミやごわつきなどの不満が残りがち

    • ・シリコンの悪影響は認められておらず、効果に疑問の声もアリ

  • ノンシリコンから派生した
    オイル系シャンプー

    • ・ノンシリコンで不満の残る指どおりなどを改善するためにオイルを配合

    • ・髪のなめらかさがアップ

    • ・もともとオイリーな頭皮の人はベタつきが気になる場合も

  • 自然派シャンプー ベタイン系

    • ・オール植物系で低刺激

    • ・環境に優しい成分

    • ・泡立ちが悪く汚れ落ちが弱く感じることも

本当にシリコンって髪に良くないの?

シャンプーに含まれるシリコンが毛穴を詰まらせ、頭皮や髪に悪影響を与えるという説により、一気に流行したノンシリコンシャンプー。


しかし、人気の落ち着いてきた今では、「シリコンって本当に悪者なの?」という疑問の声も出てきました。実は、シリコンは網目状の分子構造なので気体や湿気を通しやすく、頭皮の毛穴を詰まらせてしまうという説は間違いだったりします。


シリコンはそもそも、良くも悪くも人体に全く作用しないのが特徴。そのため、食品・医薬品・化粧品などに幅広く利用されています。


また、ノンシリコンシャンプーでは指通りが悪いことも多く、ダメージヘアの人が使うと摩擦でさらにダメージが悪化してしまう可能性も・・・。シリコン配合のシャンプーで洗髪時の摩擦を防いで、髪をダメージから守りましょう。

シャンプー選びの決め手は洗浄成分

シャンプーは洗い流してしまうから、何を使っても同じだなんて思っていませんか?頭皮や髪にとってのシャンプーは、肌にとっての洗顔と同じくらい重要!

シャンプーは汚れを落とすだけではなく、頭皮を健康な状態に保ち、新しく生えてくる髪を健全に育てるという大切な役割をもっています。つまり、適当にシャンプーを選んでいると、抜け毛や枝毛が進行してしまう可能性も。

また、シャンプーは洗浄力が高ければ良いというわけではありません。シャンプー選びのポイントは、髪を傷めずに汚れを取りのぞき、尚且つ頭皮の潤いはしっかり残せるものを選ぶこと。そのため、成分表示をしっかり見て選ぶ必要があります。

でも、「成分表示を見てもさっぱりわからない・・・」という方も多いのでは?成分表示は量の多い順に書かれているので、最初は水が記載されます。そのため、水の次に記載されている成分に注目しましょう。シャンプーのパッケージに記載されている成分の 8~9 割は洗浄成分ですが、洗浄成分によって洗浄力の強さが違うので、自分に合わせて洗浄成分を選ぶことが重要です。

シャンプーの代表的な洗浄成分

シャンプーの代表的な洗浄成分

いかがでしたか?一番のおすすめは、適度な洗い上がりで髪と頭皮にやさしい「アミノ酸系シャンプー」です。
成分表示を参考に正しくシャンプーを選んで、ツヤのある美髪を目指しましょう。

関連製品

記事一覧

  • 梅雨を乗り切る ヘアケア講座

    湿気による髪のうねり、広がりにサヨナラ!困った梅雨の季節を乗り切る秘訣をご紹介します。

  • 春からはじめる 髪の紫外線ケア

    髪や頭皮への紫外線の影響と、正しい紫外線ケア方法をご紹介!